読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「自由之路」

我在這一生中最大的夢想是「依山傍水生活」。 如果哪一天我訪問了你的國家,我的第一個願望就是接觸大自然。~plain living high thinking~

無意間發現!

旧ブログより転載(2013年11月25日「共存」)

過去に書いたこと全てが正しいかどうか、間違っているところも微妙な部分もあるかもしれないけれど、「自分がどのように生きていきたいか」ということがよく反映されていて、最近勉強不足な自分にとって、“發人深省”な記事だったので、こっちのブログにも載せることにしました。(^^)/

 

 細菌から、植物、動物、人間まで、地球は生命で溢れています。

前に、宇宙のエネルギーは渦を巻いていて、私たちのからだにもそれが流れているという事を書きました。

エネルギーは目に見えません。
電気、電磁波、放射線……
こうした私たち現代人が日々使っているエネルギーでさえも、
五感で感じることはなかなか難しいことです。

目では見えないし、耳では聞けないし、何の臭いもないし、味があるわけでもなく、実際に触れられるわけでもないから、温度も感じられない。

でも、私たち人間でもエネルギー(氣)の流れを多かれ少なかれ感じ取っているはずです。
例えば、電磁波。
今では、携帯などの通信機器が普及していて、電磁波はとても身近なものとなっています。
人によっては、この電磁波の影響を強く受けて、心身の健康に支障をきたしていることもあります。

今、人間が作り出しているエネルギーは生活(主に都市生活)を営む上で欠かせないものである一方、少なからぬ悪影響も被っていると言えます。

今では、電気や電磁波への依存度が最も大きくなっていますが、私たちにとって最も自然で欠かすことのできない“実用的な”エネルギーは「火」です。

特に料理をする時に、火は絶対に欠かせません。
ガスが普及する前は、薪を使っていました。
もしも今、必要な熱を全て薪で補おうとすれば、森林資源の豊かな日本でさえ薪や木材が欠乏することになるかもしれません。
(何と言っても、日本は一億の人口を有し一次資源や農産物を大量に輸入している国です)

つまり、残念ながら、日本は世界的には環境負荷を大きくかけている国の一つです。
環境を重視しようとするならば、世界貿易や自由貿易は推進するものではありません。

 地産地消を可能な限りローカルにやっていけばいいだけの話です。
産業革命以降、都市と農村という異なる環境ができて、都市により多くの人口が流れてしまったため、バランスを保つことがより難しくなっているのが現代です。

環境問題と健康問題は切り離すことができません。
私たち人間も、環境を構成する要素の一つです。

環境を少しでも汚染するようなことをすれば、健康になることはできません。
現代では、昔とは反対に、総じて、
「量的には恵まれていても、質的には決して恵まれているわけではない」ということははっきり言えるでしょう。危険なもので溢れています。これも一種の環境汚染です。

食物は人の健康を決める最も大きな要因であることは、いつも意識しておくべきです。
そして、体調を崩すことがあっても、なるべく正しい食によって自分で解決できるようにしたいものです。

水は、生命にとって最も大切です。
そして、水の質は料理の出来具合を左右します。
できれば安心してそのまま飲める水を、料理に使いたいですね。
水道水には多かれ少なかれ化学物質が含まれているので。
山梨にいた時の水道水は富士山の湧水で、夏季は時々そのまま飲んでいました。
都会に比べて、消毒のレベルはずっと低いはずです。

「水を汚さない」ということを考えれば、市販の洗剤や入浴剤、シャンプー等は使うべきではありません。体に直接触れるものの場合は、天然の植物性原料だけを使用したものを使う方が無難でしょう。

食器用洗剤は全く必要がないと思います。
僕は動物性のものは全く使わないので…油汚れの場合でも軽く拭き取るかお湯で流せばOK!
洗剤には除菌の作用もありますが、食後すぐに水洗いするだけで大丈夫です(シンクには食器を置かない)

入浴剤:環境にも体にも良くない。使うなら自然なものを。塩浴は体にいい(500g~)。

シャンプー:市販の普通のものでも時々使う分にはいい。界面活性剤には要注意。普段は石鹸で十分。

 細菌から……人間まで、地球上のあらゆる生物はもともと仲良く共存できるようになっています。ちなみに、インフルエンザなどのウイルスは一般的な生物の定義からは外れるようですが、
この「共存」という意味では、ウイルスも、この地球に一緒に存在し存続するものとして、私たちと同じ生命の枠に入れてもいいような気もします。

人間は環境を大きく改変する力を持っています。
過去には森林を切り尽くして、食べ物がなくなり、崩壊してしまった文明もありました。

人間はしかしとても自由な存在です。
他の生き物にはできないことが、たくさんできます。
「火」を使うことができます。井戸を掘ることができます。川に橋をかけることができます。
こんなにたくさんの事ができて、こんなに自由な存在なのだから、
誰でも“誰か”に対してたくさんの幸せをもたらすことができるはずです。